Salesforce 有効活用で「売り上げアップ」を達成する方法

売上が上がらない…なぜ?

インターネットFAX 概要図

Salesforce を導入して、スピーディな戦略決定や顧客満足度の向上を行うことで「売り上げアップ」を実現したい。そう思って導入したのに上手くいかない…。こんな悩みをかかえていませんか?

たしかに、顧客情報や商談状況をリアルタイムに「見える化」することで、スピーディな戦略決定や顧客満足度の向上を実現できます。それが、迅速な決断が求められるグローバル社会で売り上げアップを達成する近道です。しかし、Salesforce に登録された情報を有効活用するためには、まず正確な情報をリアルタイムに入力する必要があります。

ところが、現場の営業マンからすると「効果が分からない情報」の入力は面倒なものです。そのため、商談状況や見積金額といった情報を入力する場合に、つい金額を曖昧にしてしまったり、1週間分をまとめて入力したりします。そうすると、どんな高機能な分析ツールがあっても、素早く正確な情報分析を行うことはできません。ここでつまずく場合が多いのではないでしょうか?

 

見積書・請求書の出力で売上アップ!

実は簡単な解決策があります。なんと、Salesforce CRM から見積書や請求書を出せるようにするだけで解決できます。

情報入力が面倒なのはなぜでしょう。それは「直接の売り上げにつながらないデスクワーク」だからです。では逆にどんな仕事が楽しいのでしょうか?

製品の販売を担う営業マンは、見積書を作成してお客様に提出する時間が一番楽しいものです。見積書の提出は、自身の営業成績に直結するメインの仕事だからです。つまり、Salesforce のデータを使って見積書の作成が簡単にできれば、必然的に情報を入力するようになります。

 

ご利用シーン

インターネットFAX 概要図

しかも、お客様へ提出する金額だから曖昧にしてしまうことはありません。また、請求書の発行も実現することで、管理部門によるチェックが入り、より正確な売り上げデータが Salesforce に登録されるようになります。

正確な金額が入っていれば、Salesforce のレポート機能やダッシュボード機能で情報分析をするのは簡単です。

Salesforce から見積書や請求書を出せるようにして「売り上げアップ」を達成しましょう。

 

 

対応プロダクト

  • Prime
 

 

お問い合わせ
 
 

 

関連情報
資料ダウンロード

 

戻るページトップへ