ASTERIA WARP 連携ソリューション

インフォテリア株式会社が開発販売するデータ連携ミドルウェア、ASTERIA WARPとの連携によって様々なデータソースを活用して帳票生成が可能に。 ASTERA WARPは企業内で利用される様々なアプリケーションに存在するマスターデータに対しハブとして連結・統合することで、アプリケーション間のデータの一元管理、自動化による業務の省力化・コスト削減、データの正確性の担保を実現します。OPROARTSはASTERIA WARPと連携することで既存アプリに手を加えることなく帳票生成が可能になります。

例えば、取引先から届く定型の注文メールに添付のExcelからデータを抽出、受注データとしてデータベースに取り込むような定型業務に対して、OPROARTSを連携させることで「注文請書」を自動的にPDFとして生成し、送信することが出来ます。 これにより、受注処理の自動化とミスの軽減が可能になります。

ASTERIA WARP との連携概要図

機能

ASTERIA WARP連携では、データ連携の様々な場面でデータから帳票への変換・生成が可能になります。

帳票テンプレートフォーマットの作成

専用のデザイン用ソフトウェアを用いて複雑なレイアウトを実現します。

帳票テンプレートフォーマットの作成

ASTERIA WARPから帳票出力

データ連携のプロセスに応じて必要な帳票(注文請書、FAX、請求書など)作成をプロセスに合わせバッチ形式、リアルタイムなオンデマンド形式で実行可能です。

ASTERIA WARPから帳票出力

インフォテリア株式会社のASTERIA WARPに関してはこちらを参照下さい。

FAX送信、封入投函などディジタルデータ以外の配信にも対応

情報配信の方法としてPDF、メールなどの他にFAX送信、封書による郵送などにも対応。請求書などだけではなくチラシやダイレクトメールを実現可能です。(注:別サービスの契約が必要です)

封入投函に関してはこちらをご参照してください。

価格

ASTERIA WARP連携ソリューションの価格はユーザー数、配信に利用する帳票のフォーマット数、出力枚数などによって変化する月額固定の従量制となっています。

また、連携のためのインテグレーションには別途コンサルテーションが必要です。 詳しくはお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ
 
戻るページトップへ