クラウドサービス

3分でわかるOPROARTS Documentizer

帳票は、企業間におけるコミュニケーションツールへと変わり、自社のアイデンティティを表現する重要な存在となっています。OPROARTS Documentizerは、「Core」「Live」「Prime」の3つのサービスから展開されるクラウド帳票サービスです。Salesforce, kintone, Oracle CRM On Demand, Microsoft Dynamics CRMなど、様々なクラウドサービスと連携できる帳票プラットフォームとして、汎用的にご利用いただけます。

What is OPROARTS?

Prime

すべてお任せ!!帳票クラウドサービス

帳票エンジンに加えて、帳票に使用するデータの取得や加工といった前処理や、生成された帳票を外部サービスに受け渡すなどの後処理を行うためのアプリケーションプラットフォーム「AFRO」を利用できるサービスです。

Live

ブラウザで簡単レイアウト

お客様自身による帳票デザインを可能とするデザイナーをご提供します。PrimeやCoreと組み合せてご利用いただけます。

Core

低価格な帳票クラウドサービス

帳票生成に欠かせない必要最小限の帳票エンジンをご用意しております。

 

ERP 連携ソリューション「DB Bridge」

DB Bridge は、お客様のシステムと、帳票テンプレートをシームレスに連携するソリューションです。ERP等の基幹システムからのデータ抽出機能や、帳票テンプレートとのデータマッピング機能、そして帳票出力指示機能を備えているため、これまで負担となっていた中間アプリの個別開発が不要となります。最新ブラウザに対応した操作しやすいweb UIにより、面倒なマッピングや抽出条件などを、簡単で分かりやすい操作画面で設定できます。詳細はこちら

 

連携アプリケーション

セールスフォース連携アプリケーション

セールスフォース連携アプリケーション

Chatterフィードの内容を日報や報告書としてPDF出力できる「オプレコ for Chatter」や、見積書・請求書の管理が簡単にできる「見積・請求オプション」など、便利な連携アプリケーションをご用意しております。

OPROARTS Connector for kintone

kintone連携アプリケーション

Liveで作成した帳票へkintoneの任意のレコード・項目をマッピングすることができる「Connector for kintone」や、kintone上のデータから見積書・請求書をすぐに出力できる「見積・請求オプション」など、便利な連携アプリケーションをご用意しております。

 

戻るページトップへ