見積・請求オプション インストール手順

見積・請求オプションとは

見積・請求オプションは、お客様のSalesforceでご利用いただける見積書の作成から請求書の発行までの営業活動を簡単な操作で実現するアプリケーションです。見積の作成、受注確認、仕入先への発注、顧客への納品と請求、顧客からの入金と繰り越し、という一般的な業務フローに対応しています。発行する帳票のデザインはOPROARTS Connectorと連携することにより、自由にカスタマイズすることができます。見積・請求オプションを使用してSalesforceに販売情報を入力すれば、売上実績の集計や利益率の計算といった営業分析が可能になり、Sales Cloudをより有効活用することができます。

 

トライアルライセンスの発行

見積書などの帳票の出力、およびカスタマイズを行うためのトライアルライセンスを発行します。My ARTS チュートリアルの手順に従いトライアルライセンスを発行してください。

 

見積・請求オプションのインストール

※ 見積・請求オプションを利用するには、
「見積・請求オプション - AppExchange」
「OPROARTS Connector - AppExchange」
という2つのAppExchangeアプリのインストールが必要です。以下の手順でインストールしてください。

AppExchangeへのアクセス

  1. 以下リンクから、AppExchangeの見積・請求オプションページにアクセスします。

    見積・請求オプション - AppExchange

    AppExchangeの見積・請求オプションページ

 

インストール

  1. 「今すぐ入手」をクリックします。

    AppExchangeの見積・請求オプションページ

  2. Salesforceアカウントをお持ちの場合は「AppExchangeにログインする」をクリックします。

    ※Salesforceのアカウントがないと、見積・請求オプションはご利用いただけません。

    ログインボタン

  3. 運用組織、またはDeveloper組織にインストールする場合は「本番環境にインストール」、Sandboxにインストールする場合は「サンドボックスにインストールする」をクリックします。

    インストール先組織

  4. 利用規約に同意する場合は「私は利用規約を理解し、同意します」にチェックを入れ、「確認してインストール!」ボタンをクリックします。

    「私は利用規約を理解し、同意します」チェックボックス

  5. Salesforceのシステム管理者ユーザでログインします。

    Salesforceログイン画面

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    パッケージの詳細

  7. 「次へ」ボタンをクリックします。

    パッケージAPIアクセスの承認

  8. 「セキュリティ設定の選択」を選択し、使用するユーザのプロファイルに[フルアクセス]のアクセス権を与えます。

    セキュリティレベルの選択

  9. インストールボタンをクリックすると、インストールが始まります。 完了すると以下の画像に切り替わるか、メール通知されます。

    パッケージのインストール

    インストール完了

ページトップへ

各種設定

プロファイルの設定

使用するユーザに割り振るプロファイルに、以下の設定をします。

  • カスタムアプリケーション設定
    [見積・請求]の[参照可能]を許可。
  • カスタムオブジェクト権限
    [見積・請求の採番]に[すべて変更]を許可。

カスタムアプリケーション設定

カスタムオブジェクト権限

 

取引先ページレイアウトの設定

取引先オブジェクトのレイアウトに、以下の関連リストを加えます。

  • [見積・受注]
  • [請求]
  • [入金]

ページレイアウトの設定

 

商談ページレイアウトの設定

商談オブジェクトのレイアウトに、以下のカスタム項目、関連リストを加えます。

カスタム項目
  • [見積・受注の合計]
  • [見積・受注の段階]
関連リスト
  • [見積・受注]

商談詳細ページ

 

商品ページレイアウトの設定

商品オブジェクトのレイアウトに、以下のカスタム項目を加えます。

カスタム項目
  • [単位]
  • [仕入単価]
  • [仕入先]

既に商品オブジェクトに使用している商品レコードがある場合は、それらのレコードに新しく上記の項目が増えているので、適宜情報を入力します。

商品詳細ページ

 

見積・請求オプションの設定

  1. [設定]|[インストール済みパッケージ]|[見積・請求オプション]|[設定]をクリックします。

    パッケージの一覧画面

    パッケージの詳細画面

  2. [設定]タブをクリックします。

    ヘルプと設定画面

  3. 各デフォルト値に適切な値を入力します。

    テキストのデフォルト値
    • 見積書有効期限
    • 納品期限
    • 納品場所
    • 取引方法
    • 支払方法
    画像
    • ロゴ画像ID
    • 印影画像ID
    • ユーザごとの印影画像ID

    ※ 画像IDとは、Salesforceのドキュメントなどに保存した画像の詳細ページを開いた際、URLの末尾に表示される15桁の英数字を指します。例えば、画像の詳細ページのURLが「https://***.salesforce.com/015000000000000」の場合、「015000000000000」が画像IDとなります。

    ※ 数値のデフォルト値は予め設定されております。変更の必要がある場合は適切なものに変更頂ますようお願い致します。

    設定画面

ページトップへ

OPROARTS Connector for Salesforceのインストール

OPROARTS Connector for Salesforceをインストールして、見積書などの帳票の出力、およびカスタマイズできるようにします。OPROARTS Connector for Salesforce チュートリアルの手順に従い、インストールしてください。

ページトップへ

 

 

お客さまのセールスフォースで試せます!!

トライアルアカウントを発行し、すぐにご試用いただけます。

インストール手順、ご利用手順については見積・請求オプション チュートリアル【インストール手順】【操作手順】をご覧ください。

 

お問い合わせ

 

 

戻るページトップへ