株式会社オプロ

お知らせ

プレスリリース

【日本初】オプロのクラウド帳票サービス「oproarts」がPowerPoint出力機能を追加
~思い通りの自由な書式を生かした帳票出力が可能に~

2021年3月19日

株式会社オプロ

報道関係者各位

株式会社オプロ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:里見 一典、以下オプロ)は、クラウド帳票サービス「oproarts(オプロアーツ)」の新機能として、Microsoft PowerPoint(以下PowerPoint)テンプレートおよび出力機能を追加し提供開始することを発表します。

oproarts(オプロアーツ)について https://oproarts.opro.net/

oproartsは紙業務のデジタル化を促進するクラウド帳票サービスです。電子帳票の作成だけでなく、作成した帳票を用いたサービス連携、そして既に存在している紙書類やExcel帳票のデータを上位システムへ格納する入力データの活用まで、紙業務に関するお客様のあらゆるニーズにお応えします。

提供の背景

昨今、データ共有はクラウド利用が当たり前になっており、ビジネスの現場においてはSalesforceなどのSFA/CRMに情報を集約することも珍しくありません。また、グローバルではPowerPoint資料を“1”から作成するより、テンプレートへ出力して展開するといった機会が増えています。
この度、オプロではクラウド帳票サービス「oproarts(オプロアーツ)」にPowerPoint出力機能を追加することで、ビジネス現場において多数の企画書/提案書/報告書などを作成、常時アップデート、社内共有を行う担当者様の業務効率の大幅アップを実現しました。

新機能概要

  1. ● 出力したい帳票テンプレートをPowerPointで作成することができます。
  2. ● Salesforceには、企画書に必要なテキスト/画像/明細情報が格納されています。
  3. ● Salesforceの画面上から出力ボタンを押下すると、データをPowerPoint形式で出力することができます。

新機能のポイント

  1. ● 使い慣れたPowerPointでテンプレートを作成することができます。帳票サービス特有の独自デザインツールを利用する必要はありません。
  2. ● PowerPointテンプレートで設定した書式通りに出力することができます。
  3. ● リッチテキストに対応しており、Salesforceに格納しているリッチテキストデータ(文字色/太字/斜体/取り消し線/文字サイズ/文字寄せ位置など)を出力可能です。
  4. ● 明細テーブルを反映することが可能です。
  5. ● 画像の自動的なリサイズが可能です。原寸大での出力や出力先に合わせたリサイズ、縦横比の保持など柔軟に出力することができます。
  6. ● すでにoproartsをお使いのお客様は追加料金なしでご利用いただけます。

提供開始日

2021年4月1日より提供開始

株式会社オプロ https://www.opro.net/

株式会社オプロは、「make IT simple」を実現するサービスを提供し、常にビジネスの見える化を進めています。また、「Less is More」を開発指針とし、"無駄を省くことで、より最適になる"という考えで、パフォーマンスの高い製品開発を続けております。あらゆるサービスと連携し、それらを培ってきた技術と発想力をもとに、ドキュメントフレームワーク「oproarts」を形成し、マルチクラウドを利用した最適なサービスを提供しております。お客様にとってのOptimized Providerであることをお約束し、お客様に喜んでいただけるサービスを更に進化させて参ります。

以上

報道関係お問い合わせ先

担当 株式会社オプロ マーケティング部 麻生 有依
お問い合わせ https://www.opro.net/contact/
TEL 03-3538-6510