株式会社オプロ

お問い合わせ

お知らせ

2019.09.25プレスリリース

「GMO電子契約サービスAgree」とサブスクリプション管理アプリケーション「ソアスク」が連携
「Salesforce」で帳票作成から署名・送付・保管までシームレスに実現

2019年9月25日

株式会社オプロ

報道関係者各位

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)が提供する契約の締結から管理までをクラウド上で実現する電子契約サービス「GMO電子契約サービスAgree(以下、GMO電子契約Agree)」と、株式会社オプロ(代表取締役社長:里見 一典 以下、オプロ)が提供するサブスクリプションビジネス(※1)を支えるクラウド販売管理アプリケーション「ソアスク」は、本日2019年9月24日(火)より連携を開始いたしました。

「ソアスク」は、「Salesforce」(株式会社セールスフォース・ドットコム提供)の顧客情報管理ツール(CRM)や営業支援(SFA)ソフトウェアに対応した利便性を高めるサービスです。
「Salesforce」製品を導入する企業は、「GMO電子契約Agree」と「ソアスク」の両サービスを利用することで、複雑な設定は一切必要なく連携後は「Salesforce」上で、PDFやExcel形式の帳票を作成、取引先(お客様)へ送信・電子署名依頼・管理までシームレスに行うことができます。
(※1)サービス・製品を利用した期間や利用量に応じて、料金を支払う課金型のビジネスのこと。

【「GMO電子契約Agree」と「ソアスク」連携の背景と概要】

GMOクラウドの「GMO電子契約Agree」は、電子契約の締結から管理までをワンストップで行える、クラウド型の電子契約サービスです。一方、オプロの「ソアスク」は、「Salesforce」製品を導入している企業における、サブスクリプションビジネスの複雑な課金モデルや煩雑な請求管理に特化したクラウド販売管理アプリケーションです。GMOクラウドとオプロの間では、オプロのドキュメントフレームワーク「OPROARTS(オプロアーツ)」において、ドキュメント(契約書/申請書/検収書/納品書/作業報告書など)の作成から、取引先(お客様)への送信・電子署名依頼・管理までの一連の業務プロセスが分断することなく行えるよう、2018年3月から「GMO電子契約Agree」とサービス連携を行っている実績があります。
オプロでは、「Salesforce」製品を導入している企業向けに「ソアスク」を提供する中で、サブスクリプションビジネスを展開する企業から、作成した申込書や請求書などの帳票を「GMO電子契約Agree」で送信・署名するニーズは非常に高いと感じていました。
そこで両社は、販売管理に特化したサブスクリプション管理アプリケーション「ソアスク」と「GMO電子契約Agree」のサービス連携を開始することといたしました。
これにより、「Salesforce」をご利用の企業は、「ソアスク」と「GMO電子契約Agree」を利用することで、新たなシステム開発や設定を行う必要なく、「Salesforce」上でPDFやExcel形式の帳票を作成し、取引先(お客様)へ送信・電子署名依頼・管理までシームレスに行うことができます。

【「GMO電子契約Agree」について】https://www.gmo-agree.com/

GMOクラウドが提供する「GMO電子契約Agree」は、契約の締結から管理までをワンストップで行えるクラウド型の電子契約サービスです。印紙税や郵送費の削減、契約締結にかかる手間の軽減や時間の大幅な短縮により、業務の効率化を実現することが可能です。国内シェアNo.1(※2)の電子認証サービスブランドで、アメリカやヨーロッパでも利用されているGMOグローバルサインの電子署名サービスと、GMOクラウドが20年以上に渡って提供してきたクラウド・ホスティングサービスの実績とノウハウを活かし、共同開発いたしました。
(※2)Netcraft社の「SSL Survey」より(2019年3月時点)

【「ソアスク」について】https://www.opro.net/lp/soasc/subscription.html

「ソアスク」は、業務の見える化と業務フローの確立を実現し、現在サブスクリプションビジネスを始めている企業やこれから進出を検討している企業の業務を支援する、クラウド販売管理サービスです。「Sales Cloud」連携によって、サブスクビジネスにおける柔軟な商談/プライス/契約/請求/売上予測までの一元管理ダッシュボード機能によるMRR(※3)/ARR(※4)の可視化が可能です。
(※3)月間定額収益
(※4)年間定額収益

【GMOクラウド株式会社とは】

1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内およそ6,700社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを、連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシア、ドバイの拠点よりグローバルに展開しております。

【株式会社オプロ】https://www.opro.net/

株式会社オプロは、「make IT simple」を実現するサービスを提供し、常にビジネスの見える化を進めています。また、「Less is More」を開発指針とし、"無駄を省くことで、より最適になる"という考えで、パフォーマンスの高い製品開発を続けております。あらゆるサービスと連携し、それらを培ってきた技術と発想力をもとに、ドキュメントフレームワーク「OPROARTS」を形成し、マルチクラウドを利用した最適なサービスを提供しております。お客様にとってのOptimized Providerであることをお約束し、お客様に喜んでいただけるサービスを更に進化させてまいります。

【サービスの詳細・デモンストレーションをご覧になりたい方】

オプロは、9月25日(水)・26日(木)に開催されるSalesforce World Tour Tokyo 2019に出展し、展示およびデモンストレーションを実施いたします。

イベント名 Salesforce World Tour Tokyo2019
日程 2019年9月25日(水)9:00-18:30
      9月26日(木)9:00-19:00
会場 ザ・プリンスパークタワー東京
イベントページ https://www.salesforce.com/jp/events/worldtour/ja/overview/

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。

報道関係お問い合わせ先

担当 経営戦略室 麻生 有依
Tel 03-3538-6510
E-mail mktg@jp.opro.net