ニュース

2016年11月15日

 

AppsFS、中小企業経営に効果的なクラウドサービスとして認定

 

クラウドサービス認定

2016年11月1日、当社が提供するクラウドサービス「AppsFS(アップスエフエス)は、クラウドサービス推進機構(CSPA)が審査、認定する『クラウドサービス認定プログラム』において、審査基準をクリアし適合と認められましたのでお知らせいたします。

また、11月11日にはクラウドサービス認定式が開催され、受賞されたことも併せてお知らせいたします。

 

 

当社では昨年のOPROARTS に引き続き2度目の認定となります。
今後も、お客様の経営を支える基盤として、安心・安全なクラウドサービスを提供し貢献してまいります。

 

 

クラウドサービス認定プログラムとは

一般社団法人 クラウドサービス推進機構(CSPA)が運営する、中小企業の経営を支える基盤として、良質なクラウドアプリケーションサービスのビジネス活用を推進するために、クラウドサービスを審査、認定するプログラムです。

 

AppsFS(アップスエフエス)概要

AppsFSは、日本オプロが提供するクラウドサービスです。モバイルを有効活用し、訪問型の工事やメンテナンスなどフィールドサービス活動の生産性向上を支援します。また、ERPやIoTと連携したメンテナンス業務管理を実現することも可能です。

 

関連情報

クラウドサービス推進機構(CSPA)

戻るページトップへ