【応用編】Salesforceの複数オブジェクトのデータから自在に帳票作成!OPROARTSハンズオンセミナー

クラウド帳票実績No.1のドキュメントフレームワーク「OPROARTS」は、「ViewFramer」という機能を備えています。
データハンドリングの機能を担う「ViewFramer」は、Salesforceの複数オブジェクトにまたがったデータからビューを作成し、帳票出力・CSVデータ出力・BI連携など多彩な処理を可能とし、これまで標準では難しかった帳票・レポートの作成を実現します。
Salesforceと基幹システム(CSVデータ) 、それぞれのシステムに保管されている異なるデータを組み合わせた、柔軟なデータの作成も可能です。

本セミナーでは、「ViewFramer」を実際に利用したSalesforceの複数オブジェクトのデータを利用したExcel帳票の作成と出力を体験いただけます。

※本セミナーでは、セールスフォース・ドットコム社が提供する「Salesforce」 を利用します。kintoneとの連携をご希望の方は、別日に開催しているkintone連携セミナーをご受講ください。

    以下の課題をお持ちの方向けのセミナーです。
  • Salesforceの複数オブジェクトにまたがったデータを利用して帳票を作成したい方
  • Salesforce標準では難しい大量データの処理をしたい方
  • リストビュー(レコード一覧)を明細として出力したい方
  • ひとつの帳票に複数の明細を出力したい方
  • BIツールと連携してデータを可視化、経営戦略などに活かしたい方
  • 基幹システムとSalesforceのそれぞれのデータを連携させたレポートを作成したい方

※帳票デザインツールを利用したPDF帳票作成は実施しません。デザインツールのご利用方法は以下のセミナーにてご紹介しております。
【基礎編】事例を聞いて試してわかる!Salesforce連携OPROARTSセミナー

 

 

 

概要

主催 日本オプロ株式会社
場所 日本オプロ株式会社 セミナールーム
東京都港区芝3-43-15 芝信三田ビル6F【地図
開催日程 2018年8月9日(木) 15:45-18:30(受付開始 15:30、ネットワーキング 17:30~18:30)
定員 6名(定員になり次第、締め切らせて頂きます。)
参加費 無料(要事前登録)
お持ち物
  • お名刺1枚
  • ノートPC(無線LAN接続が可能な機種)
    推奨ブラウザ:Google Chrome,Firefox

※ノートPCのご持参が難しい場合は、事前にご相談ください。

 

戻るページトップへ