【基礎編】聞いて試してわかる!kintone連携OPROARTSセミナー

「OPROARTS」は、クラウド帳票実績No.1のドキュメントフレームワークです。
kintoneだけでなく、他のクラウドサービスやオンプレミスの基幹システムなど様々なサービスと連携し、ドキュメント(見積書、請求書、チラシ、リーフレット、圧着ハガキDM等)の作成から、作成したドキュメントをメール・FAX・封入封緘・ウェブ配信、オンラインストレージ連携、BI連携などといった多様な配信まで一括サポートします。

本セミナーでは、事例を交えた帳票サービス「OPROARTS」全般の基本的な 内容のご理解をいただくパートと、実際に帳票作成から出力までの流れをハンズオン形式で行うパートでOPROARTSを学びます。

ハンズオンでは、長年ご愛顧いただいている「Connector for kintone」の基本的な使い方を体験いただきます。
専用の帳票デザインツールやExcelを利用した帳票作成を一から行いますので、「OPROARTSを導入したけど使い方がわからない」「トライアルを申し込んだけど何からはじめていいか分からない」「お客様への導入にあたり動作を確認したい」「興味あるので見てみたい」という方は是非お申込みください。

※本セミナーでは、サイボウズ社が提供する「kintone」 を利用します。他サービスからOPROARTSをご利用されたい方は、別日に開催しているSalesforce連携セミナー、または、CSV連携セミナーをご受講ください。

    以下の課題をお持ちの方向けのセミナーです。
  • kintoneから帳票を簡単に出力したい方
  • Excelで手作りしている見積書や請求書をシステム化したい方
  • 多数ある帳票の開発保守運用をアウトソーシングしたい方
  • kintoneをお使いで、開発言語で複雑な処理を帳票やレポート出力時に行いたい方
  • プログラミングができなくても帳票やレポートを出力したい方
  • オンプレ帳票システムの運用や保守にかかっているコストを削減したい方
  • FAX、封入封緘、メールなどの帳票配信・郵送にかけている時間を抑えたい方
  • 既存システムと連携して大量帳票生成&印刷管理をクラウドで検討している方

OPROARTSの機能の一つである「ViewFramer」を利用することで、複数のアプリをまたがったデータの取得と、それまで難しかった帳票やレポート作成、さらに、Office 365のPower BIなどのBIと連携したデータ活用なども可能となります。
ViewFramerの操作方法を学習したい方は別途開催するViewFramerハンズオンセミナーをご受講ください。

 

 

 

概要

主催 日本オプロ株式会社
場所 日本オプロ株式会社 セミナールーム
東京都港区芝3-43-15 芝信三田ビル6F【地図
開催日程 2018年11月14日(水) 13:30-15:30(受付開始 13:15)
定員 6名(定員になり次第、締め切らせて頂きます。)
参加費 無料(要事前登録)
お持ち物
  • お名刺1枚
  • ノートPC(無線LAN接続が可能な機種)
    推奨ブラウザ:Google Chrome,Firefox
    ※ノートPCのご持参が難しい場合は、事前にご相談ください。

 

戻るページトップへ