株式会社オプロ

お問い合わせ

株式会社LignApps

業種:「情報通信」
業務:「販売・購買」「電子文書化」

サブスクリプションビジネスの鍵はバックオフィス業務管理
アプリケーションで商談/販売/請求/契約管理の一元化を実現

株式会社LignApps 吾郷氏

株式会社 LignAppsではサブスクリプションビジネスの課題解決に向けて、サブスクリプション管理アプリケーション「ソアスク」および、クラウド型のドキュメントフレームワーク「OPROARTS」を採用しました。その導入経緯や魅力について、代表取締役社長の吾郷真治氏にお話を伺いました。

期待する効果

● 毎月変動する多様な課金体系への対応
● 収益の予測と実績をリアルタイムに可視化
● 見積書/ 請求書発行の円滑化

多様な課金体系・新サービスへの追従・異なる割引率が課題に
― オプロ

サブスクリプション管理アプリケーション「ソアスク」を導入する以前、御社が抱えていた課題についてお聞かせください。

― 吾郷真治氏(以下、吾郷氏)

弊社では、シームレスなオムニチャネルを実現するクラウド型のコミュニケーションAPI プラットフォーム「NA!LE CPaaS」を提供しています。これにより、お客様が自社でシステムを所有・構築することなく、音声通話/SMS/+メッセージ/メール/チャットなどのコミュニケーションツールをビジネスに組み込めるようになります。また、この「NA!LE CPaaS」プラットフォーム上で展開するサービスとして、企業のPBXやコールセンターで処理できなかった電話をクラウド上に転送、AIによる自動応答でお客様にコールバック予約する「あふれ呼クラウド」、メール/音声通話/SMSといった異なる要素が組み合わせられる「多要素認証クラウド」などもリリースしています。しかし、こうしたサブスクリプションビジネスを展開するにあたっては、大きく3つの課題がありました。まず、お客様ごとに請求額が毎月細かく変わる多様な課金体系。そして、続々と追加されていく新サービスへの追従。さらには、お客様ごとに異なる割引率もカバーしなければいけません。こうした背景から、サブスクリプション課金の基盤を整え、バックオフィス業務を最適化することが必要不可欠だと考えました。

既存ツールを活かしつつ課金体系の整備が必要
― オプロ

サブスクリプション課金の基盤整備では、どのような部分を重視されたのでしょうか?

― 吾郷氏

前提条件として、従来から弊社で使っていた「Salesforce」のMAツール「Pardot」やCRM/SFAツール「Sales Cloud」と請求システムを密に連携できることが求められました。その上で、毎月大量に発生する月額基本料/オプション機能利用料/ 通話料/メッセージ配信料などを間違いなく請求できる、各種キャンペーンや追加サービスにも柔軟に対応した課金体系が作れる、といった機能が必要になります。

― オプロ

既存のMAツールやCRM/SFAツールを最大限に活かしつつ、サブスクリプションビジネスでネックとなる課金体系の整備が求められたんですね。

― 吾郷氏

そうなんです。そこでサブスクリプション課金が実現可能なサービスを一通り検討してみましたが、こうした条件を満たせるのは「ソアスク」しかありませんでした。「ソアスク」なら、「Salesforce」のツールと簡単かつ密に連携できるのはもちろん、お客様のニーズに合わせて柔軟な料金プランを用意できます。また、その利用状況からニーズを的確に把握してサービスの向上が図れるほか、収益の予測と実績をリアルタイムに可視化できるので、長期的な成長を実現するためのKPI 設定も容易です。また、今回はSFA/ 管理会計における見積書発行および、サブスクリプション管理の請求書発行を円滑にするため、クラウド型のドキュメントフレームワーク「OPROARTS」も採用しました。

ハンズオンセミナーで早期にサービスへの理解力を向上
― オプロ

実際の導入に際して、苦労された点などはありますか?

― 吾郷氏

今回は社内の課金システムの開発を進めながら、同時に「ソアスク」や「OPROARTS」の設計・初期設定を行う必要があったので、スケジュール的に少し慌ただしかった感じですね。そうした中でも、導入前の企業に向けて、基本的な利用方法に関するハンズオンセミナーを開催してくれているのは非常に助かりました。実際にサービスを触りながら、不明点や疑問点をサポートメンバーに対面で尋ねられるため、早期にサービス自体への理解力が高められます。

― オプロ

やはり並行開発にかかる負担は大きいですね。オプロではLignApps様にいただいたご要望をもとにハンズオンセミナーだけでなく、導入後の設計・初期設定がスムーズに行えるトレーニングや支援メニューも新たにご用意することができました。

仕組みの再販でサブスクリプションビジネスを加速
― オプロ

「ソアスク」の本格稼働がスタートした後、新たな取り組みなどがあればお聞かせください。

― 吾郷氏

サブスクリプションビジネスには、商談/販売/請求/契約管理を一元化する仕組みが求められ、バックオフィス業務の最適化が重要な鍵を握っています。今回は「ソアスク」の導入によって盤石な基盤が構築できたので、サブスクリプション課金の仕組みの再販パートナーでの活用を促し、より迅速なサービス展開を実現してほしいと考えています。弊社のレーティングシステムおよび、「ソアスク」と「OPROARTS」を組み合わせた仕組みの再販が行えれば、サブスクリプションビジネスにもさらに多くの可能性が見出せるようになるはずです。

製品

資料ダウンロード

株式会社LignApps 事例資料